ご質問やご相談、コンサルティングのお問い合わせなどはメールかLINEでお気軽にお願いします!

サラリーマンがAmazon物販で脱サラ

大好評!!物販ビジネスの教材を期間限定で無料プレゼント中!!

国内メーカー仕入れ(交渉・直接取引)で必要なロット数や資金は?

ゴウ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

 

国内メーカー仕入れ(交渉・直接取引)を始めていくときに、気になってくるのがロット数や必要資金かもしれません。

 

 

今回の記事では、

 

国内メーカー仕入れでロット数はどのくらい必要なのか?

 

国内メーカー仕入れで資金はどのくらい必要なのか?

 

国内メーカー仕入れでロット数が多い場合にはどうしたら良いのか?

 

などについて解説をしていきたいと思います。

 

 

 

 

↓動画でも解説をしています!詳しくはこちらをご覧ください!

 

ロット数とは?

 

そもそもロット数とはどのような意味なのでしょうか?

 

 

本来、ロットという言葉は「1回に製造できる個数」という意味だったりするのですが、

 

国内メーカー取引などにおいては、1回に発注をしなければいけない「最低発注数量」の意味で使われたりもします

 

 

 

なので、たとえばロット数が50個からと言われた場合は、その商品を最低50個からでないと発注が出来ない、という意味になります。

 

 

国内メーカー仕入れに必要なロット数はどのくらいか?

 

では、国内メーカー仕入れに必要なロット数は実際にどのくらいになるのでしょうか?

 

 

これに関しては、数個単位から発注が可能なところもあれば、数十個以上の単位でないと発注が難しいメーカーもあるので、メーカーによってかなりバラつきがあります。

 

 

また、発注数量ではなくて、発注金額で最低発注数量を決めているメーカーも結構あります。

 

 

たとえば、最低発注金額10万円、とかですね。

 

 

この場合は、同じ商品で10万円でも良いですし、そのメーカーが取り扱っている色んな商品を組み合わせて10万円を超えるという形でも良かったりします。(ただし、この条件はメーカーにもよりますので要確認となります)

 

 

ロット数が多い場合にはどうする?

 

メーカーが提示したロット数が多い場合、そのロット数を下げることも可能です。

 

海外メーカーと比べると国内メーカーは少ないのですが、ロットを多めに提示してくるところもたまにありますので、そういった時には交渉を持ち掛けることで、意外とロット数を下げることも出来ますので、ぜひ試してみてください。

 

 

交渉術に関しては、クライアントさんへは直接お教えしますので、気になる方はご連絡を頂けたらと思います!

 

 

国内メーカー仕入れに必要な資金はどのくらいか?

 

ここまで、発注数量に関して紹介をしてきましたが、では、国内メーカー仕入れに必要な資金はどのくらいになるのでしょうか?

 

これに関しても、メーカーによってバラバラなので一概には言えないのですが、数万円程度から取引を始められるメーカーも結構ありますし、数十万円からの取引と言ってくるメーカーもあります。

 

 

メーカーにもよりますが、20~30万円ほどあれば、取引を開始できるかと思います。

 

50万円あれば、色んなメーカーと取引を始めながら、資金を回転させてスピードよく増やしていけるかと思うので、そのくらいあるとベターですね。

 

海外メーカー取引になると、最低でも100万円ほどあるとベター、といった感じになってくるので、それに比べるとだいぶ資金的な参入障壁は低いのかなという印象です。

 

 

資金が潤沢な人は海外メーカー仕入れにも挑戦してみる

 

今回は国内メーカーについて解説をしてきましたが、もし資金に問題がないということであれば、海外メーカー仕入れへ挑戦してみても良いかと思います。

 

 

海外メーカー取引へ移行していった方が、稼げる天井値も結構高くなりますし、ガッツリと輸入ビジネスで稼ぎたいという方にはオススメです。

 

 

海外メーカー仕入れについては、以下の記事で詳しく解説をしておりますので、ご参考頂ければと思います!

 

 

 

ここに関しては、ビジネス自体の好みもあるかと思いますので、国内にするか海外にするか、もしくは他のビジネスにするかなどは検討されてみてください!

 

 

ちなみに、私は国内メーカー仕入れや海外メーカー仕入れ、転売、中国OEMなど、色んなビジネスを一通り経験してきていますので、自分がどのようなビジネスに向いているのか分からないという方はぜひご連絡を頂けたらと思います!

 

 

まとめ

 

国内メーカー仕入れは小資金、小ロットから始められるので、一見ハードルが高そうなビジネスと思いきや、割と気軽に始められます。

 

 

副業で実践される方は、専業の方に比べて実践しづらいところもあるかもしれませんが、それでも稼ぐことは出来ますので、どんどん実践してみてください!

 

国内メーカー仕入れはキャッシュを回転させやすいビジネスモデルでもあるので、資金を高回転させて、出た収益を元に、海外メーカー仕入れのビジネスを始めてみても良いですし、他のビジネスを始めてみてもいいかもしれませんね!

 

 

まだ国内メーカー仕入れを実践したことがないという方は、ぜひチャレンジしてみてください!

 

 

 

もし何かメーカー仕入れ関連などで分からないことなどありましたら、LINE@お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡頂けたらと思います!

 

 

 

また、以下の記事では、国内メーカー仕入れビジネスのメリットや始め方、リサーチ方法、交渉の仕方などについてまとめています!

 

● メーカー仕入れビジネスをこれから始めたい!

 

● メーカー仕入れの手法を色々と知りたい!

 

という場合はこちらも是非あわせてご覧ください!

 

 

 

 

それと、物販ビジネスで稼ぐための無料オンライン講座もご用意しているので、ぜひこの機会に参加してみてください!

 

 

私がサラリーマンの副業でも月商1,000万円を稼げたヒミツや、

 

初心者からでも月収100万円以上を稼ぐ方法などについても公開しています!

 

 

ご参加いただいた方には、今だけ期間限定で物販ビジネスの大ボリュームマニュアルを無料でプレゼントさせて頂きます!

(※このメッセージが消えたら特典の配布は終了です)

 

 

 

ということで、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 副業月収300万を稼いだゴウのブログ , 2019 All Rights Reserved.