ご質問やご相談、コンサルティングのお問い合わせなどはメールかLINEでお気軽にお願いします!

サラリーマンがAmazon物販で脱サラ

大好評!!物販ビジネスの教材を期間限定で無料プレゼント中!!

個人でもOK!展示会リサーチで国内メーカー・卸仕入れ交渉を進める

ゴウ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

 

 

国内のメーカー仕入れをしていく際に、オンラインのリサーチだけではなくてオフラインのリサーチも組み合わせていくと、売り上げも上がっていくかと思います。

 

 

今回は、オフラインのリサーチ方法として、国内の展示会を活用した仕入れ先の開拓について解説をしていきたいと思います。

 

 

 

↓動画でも解説をしています!詳しくはこちらをご覧ください!

 

国内の展示会とは?

 

 

展示会にも様々な種類がありますが、今回紹介する展示会とは、東京ビッグサイトやインテックス大阪などの会場で開かれるメーカーの集まりになります。

 

 

なぜメーカーが出店しているのかと言うと、全国の卸や小売り業者に対して、自社の製品をアピールすることで、取引を拡大させるためです。

 

 

私もサラリーマン時代に、年に何回か展示会への出店を企画したことがありますが、1ブースへの出店だけでも数百万円ほどかかっていました。

 

 

大手企業だったので、商品毎に何ブースかお試し程度で参加が出来ていましたが、零細企業になると、1回の出店で数百万円の出費となると結構かさみますよね。

 

ですが、それでも出店しているメーカーは結構あります。

 

そのくらい展示会が新たなビジネスチャンスをもたらしてくれるからなんですね。

 

 

展示会例:東京インターナショナルギフトショー

 

では、国内の展示会としては、どのようなものがあるかと言うと、

 

有名なところでは、東京インターナショナルギフトショーがあります。

 

 

ここの展示会には、国内メーカー仕入れ×Amazon販売などを実践されている方も結構集まって、新たな取引先を開拓されている印象です。

 

 

東京インターナショナルギフトショーは毎年2月と9月頃の年2回に分けて開催されています。

 

 

まだ、展示会へ参加したことがないという方は、ギフトショーから挑戦してみても良いかもしれませんね!

 

 

 

個人でもできる?

 

展示会でのメーカー仕入れですが、個人でもできるのでしょうか?

 

メーカー仕入れと聞くと、個人にとってはハードルが高いように感じられるかもしれませんが、個人でも問題なくできます。

 

個人事業主だろうが、法人だろうが、関係なく取引はできます。

 

 

個人事業主だからといって遠慮される方もいますが、実際に個人事業主で取引を開始している方も結構いますので、臆せずチャレンジしてみてください。

 

 

副業でもできる?

 

つぎに、副業でできるかということなのですが、展示会へ参加できるのであれば、もちろん出来ます。

 

ただし、たとえば先ほどのギフトショーの例で言うと、基本的には平日のみの開催となりますので、本業があっていけないという方も多いですね。

 

もし、休みなどを入れて参加できるという方は一度行ってみても良いかもしれないですね!

 

 

展示会へ行く前のリサーチ方法

 

展示会へ参加する前に、事前のリサーチは必要です。

 

事前に出店企業を確認することが出来ますので、どのような企業が参加するのか国内のAmazonなどでリサーチをしていくと、展示会当日も効率的に商談が出来るかと思います。

 

 

リサーチのポイントとしては、

 

その商品自体が売れているか

競合はどのくらいいるか

商品が持つキーワード自体に市場のボリュームはあるか

 

などを抑えておけばいいかと思います。

 

商品自体が売れていて、競合も少なければ参入してもOKかと思いますし、競合が多かったとしても、そのメーカーが取り扱っている他の商品がありそうであれば、取引を開始して新規出品をしてみても良いと思います。

 

 

展示会へ行く際の注意点

 

 

では、実際に展示会へ行く際に、注意点をいくつか紹介しておきたいと思います。

 

まず持ち物ですが、展示会には「名刺」が必要となりますので、最低でも100枚くらいは持っていきましょう!

 

 

展示会を回っていると意外とすぐになくなってくるかと思いますので、多めに持って行った方が良いですね。

 

あと、服装ですが、出来ればスーツがベターですが、それ以外が良いという方は、出来るだけ清潔感のあるきちんとした格好で参加しましょう。

 

商談に臨むことになりますので、短パンやサンダルはNGですね。

 

 

商談での注意点

 

実際に会場について商談を進めていく際の注意点も紹介しておきます。

 

Amazonで販売することは絶対に言わない方が良い、などの情報が流れていますが、

 

私は賛成でもあり反対でもあります。

 

 

というのも、販売チャネルの話にならなければ無理にAmazonで販売することを言わなくても良いと思いますが、

 

もし販売チャネルを聞かれた場合には、正直にAmazonで販売することをメーカー側に伝えた方が良いです。

 

 

ひと昔前であれば、メーカー側に伝えなくても良い場合が多かったのですが、最近では参入される方も増えてきたりして、メーカー側への問い合わせも増えて、Amazonなどのプラットフォームで販売するような業者をかなり警戒するところも出てきています。

 

 

メーカー取引は信用で成り立つビジネスでもありますので、ウソをついてもいけないと思いますし、交渉次第ではAmazon販売と伝えても取引が出来るメーカーはありますので、

 

 

もし販売チャネルを聞かれたら正直に答えた方が良いですね。

 

ウソをついていてAmazonで販売をし続けていたら、メーカー側からの申し立てなどで出品停止になったり、あとは、Amazon販売がばれた時に取引中止などになったりする可能性もあります。

 

 

であれば、逆にAmazon販売の利点などをプレゼンして、良いメーカーとの取引を勝ち取った方が長期的にみて稼げるようになります。

 

 

まとめ

 

展示会では、メールや電話などではなくて直接対面する形での商談となりますので、メーカーとの距離感も一気に縮められて、良いメーカーとの取引も開始出来るかと思います。

 

メーカー取引は一度決めてしまえば、あとは継続的にリピート発注ができるようになりますので、新たなメーカーをどんどん開拓していって、収益を上げていって頂けたらと思います!

 

 

 

もし何かメーカー取引関連などで分からないことなどありましたら、LINE@お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください!

 

 

 

また、以下の記事では、国内メーカー仕入れビジネスのメリットや始め方、リサーチ方法、交渉の仕方などについてまとめています!

 

● メーカー仕入れビジネスをこれから始めたい!

 

● メーカー仕入れの手法を色々と知りたい!

 

という場合はこちらも是非あわせてご覧ください!

 

 

 

 

それと、物販ビジネスで稼ぐための無料オンライン講座もご用意しているので、ぜひこの機会に参加してみてください!

 

 

私がサラリーマンの副業でも月商1,000万円を稼げたヒミツや、

 

初心者からでも月収100万円以上を稼ぐ方法などについても公開しています!

 

 

ご参加いただいた方には、今だけ期間限定で物販ビジネスの大ボリュームマニュアルを無料でプレゼントさせて頂きます!

(※このメッセージが消えたら特典の配布は終了です)

 

 

 

ということで、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 副業月収300万を稼いだゴウのブログ , 2019 All Rights Reserved.