ご質問やご相談、コンサルティングのお問い合わせなどはメールかLINEでお気軽にお願いします!

サラリーマンがAmazon物販で脱サラ

大好評!!物販ビジネスの教材を期間限定で無料プレゼント中!!

Amazon海外メーカー仕入れ(交渉・直接取引)とは?せどりや転売から脱却!

ゴウ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

 

転売の次にチャレンジしたい!というビジネスの中で人気なのが

 

上流仕入れ(メーカー仕入れ)です。

 

メーカー仕入れ(交渉・直接取引)なんてよく言われますね。

 

 

 

最近では、元々せどりや転売を実践していた方で、次にAmazonメーカー仕入れビジネスにチャレンジされる方も多い印象です。

 

 

 

今回の記事では、

 

メーカー仕入れ(交渉・取引)ってどんなビジネスなの?

個人事業主でもメーカー仕入れ(交渉・取引)ってできるの?

メーカー仕入れ(交渉・取引)って稼げるの?

メーカー仕入れ(交渉・取引)って副業や在宅でも出来るの?

 

などの疑問にお答えしていきたいと思います!

 

 

メーカー仕入れ(交渉・取引)でも国内のメーカーと取引をするか、海外のメーカーと取引をするかで内容が異なってくるのですが、今回は「海外メーカー」に絞って解説をしていきたいと思います。

 

 

 

↓動画でも解説をしています!詳しくはこちらをご覧ください!

 

 

Amazon海外メーカー仕入れ(交渉・直接取引)とは?

 

国内メーカー仕入れの概要についての記事をご覧になった方はおさらいにはなりますが、概要を説明します。

 

 

国内メーカー仕入れの概要をまだご覧になっていない方は是非ご覧ください!

 

 

 

海外メーカー仕入れですが、こちらのビジネスは、欧米輸入転売(Amazon.comやeBayなどの、いわゆる「小売り」のプラットフォームなどからの仕入れ)などの転売ビジネスとは異なり、商品を製造する「メーカー」から直接仕入れる、というビジネスモデルになります。

 

 

商品がお客様の手元へ届くまでの流れとしては、以下の流れになりますが、

 

商品が届くまでの流れ

1. メーカーで商品を作る

2. 卸業者がメーカーから商品を仕入れる

3. 小売り業者が卸業者から商品を仕入れる

4. お客様が小売業者から商品を購入する

 

この中で、1~4の各フェーズにてそれぞれのマージン(利益)が追加されていきます。

 

 

となると、AmazonやeBayなどの小売りから仕入れてお客様へ販売するよりも、メーカーから仕入れて販売する方が、より安く仕入れられて、利益も上がりやすくなりますよね。

 

 

なので、いかにしてメーカー側からより安く仕入れてより高く販売できるかが、海外メーカー仕入れのカギとなってきます。

 

販売チャネルとしては、最初はアマゾンが一番売りやすいかなとは思いますのでアマゾンに特化して良いと思いますし、売れ筋の商品などが分かってくれば、楽天やYahooショッピング、自社ECサイトなどの他販路に広げていっても良いと思います。

 

 

Amazon海外メーカー仕入れ(交渉・直接取引)って稼げるの?

 

転売ビジネスに比べると、天井値はかなり高く(というより、やればやるほど稼げます)、やりがいはかなりあるビジネスモデルだと思います。

 

 

メーカー仕入れに取り組む方も増えてきている印象はありますが、どちらかというと「せどり」のビジネスから国内メーカー仕入れへの参入者が増えてきている感じもあるので、海外メーカー仕入れに関してはまだまだライバルが少ないのかなという印象です。

 

 

自分一人だけでもしっかりと実践をしていけば月利300万円以上も狙っていけると思いますし、もちろんそれ以上も狙えます。専業で時間をかけて腰を据えてやっていけば海外メーカー仕入れのビジネスだけでも月利1000万も夢ではないと思います。(月利1000万までいくのには、資金やスキル含めて相応の実力は必ず必要になってきます)

 

 

海外メーカーの場合はメールなどで連絡をしてもレスポンスが遅かったり来なかったりする場合も多いので、最初のうちはとにかく数をあたって稼げる取引先を増やしていくのを心掛けていけば比較的安定して稼げるようになってくると思います。

 

 

個人でもAmazon海外メーカー仕入れ(交渉・直接取引)ってできるの?

 

個人でもメーカーから仕入れることなんて出来るの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は可能です。

 

私も欧米輸入転売を始めたころは異次元の世界だと思っていましたが、個人事業主の方であったとしても、コツさえ掴めば取引先をいくつも増やすことが出来ます。

 

 

「メーカー仕入れ」といって難しいイメージがあるかもしれませんが、実際にやってみれば慣れていくと思います。

 

転売とは違って営業や交渉のスキルなどは必要になってきますが、そこは勉強して実践を繰り返せばスキルはどんどん身に付いて稼ぎやすくはなってくると思いますので、「個人だから」「営業未経験だから」といってやらないのは勿体ないかなとは思います。

 

 

Amazon海外メーカー仕入れ(交渉・直接取引)って副業や在宅でもできるの?

 

結論から言うと、副業でも在宅でもできます!現に、私もそうだったので。

 

国内メーカー仕入れとは異なって、取引は基本的にはメールで完結できますし、海外の場合は時差があるので、例えば自分がサラリーマンで本業から帰宅した後でもそこから夜にメーカー側と連絡を取り合えば、メーカー側は日中であることも多いので、割と連絡もスピーディに進められるかと思います。

 

 

そこは専業の人も副業の人もそこまでハンディは無いのかなと思いますので、副業であっても在宅であっても、ビジネスは拡大させやすいですね。

 

副業でやってみて、ある程度稼げたら独立を考えてみてもいいと思いますし、将来的な道は作りやすいのかなと思います。

 

 

在宅で主婦の方でも取り組みやすいと思いますし、仕入れロットはある程度必要にはなってくるので資金は必要になってはきますが、そこさえクリアできればチャレンジしていくのをオススメします。

 

 

せどりや転売ビジネスに比べてAmazonメーカー仕入れってどうなの?稼げるの?

 

転売ビジネスももちろん稼げますし、それをしっかりと拡大させていけば月利100万円くらいも狙えます。

 

 

ただし、メーカー仕入れのビジネスに比べて商品のリピートが難しく、新規に商品リサーチを進めていかないといけないという特性もあるので、メーカー仕入れに比べて、商品を縦に積み上げづらくて継続的に月利200万以上を狙っていくのは至難の業だとは思います。(12月などの最需要期でのスポット的な売り上げは可能だとは思います)

 

 

逆にメーカー仕入れの場合は、得意先自体(あるいは得意先との信頼関係)が自分にとっての「資産」となっていきますので、その資産がどんどん積みあがっていけば、収益もかなり上がってくると思いますし、リピートも比較的安定して出来ますので、事業の拡大はさせやすい印象です。

 

 

また、メーカー仕入れを実践していくうちに身に付いてくる交渉などのスキルも自分の資産となっていきますので、目に見えない資産の積み上げとしても転売に比べてメリットがあるのではと思います。

 

 

あとは、一度メーカーとの取引が決まれば、あとはそこからリピート購入をするだけで基本的にはOKなので、自由な時間が作りやすいというのも魅力な点かと思います。

 

 

国内のメーカー仕入れ(交渉・直接取引)に比べてどうなの?稼げるの?

 

これに関しては一概には言えないところでもあるのですが、なぜかと言うと「どちらも稼げるから」なんですね。

 

 

海外のメーカー仕入れは資産を積み上げやすいですし、工夫や努力をすればライバルとの競争も回避できますし、海外メーカー仕入れだけで月利300万以上を狙うことも可能です。

 

自分一人で、という意味であれば、海外メーカーの方が天井値は高い気はします

 

 

一方で、国内メーカー仕入れに関しても、1メーカーあたりの爆発力は海外メーカー仕入れに比べて少し小さいようにも感じますが(場合によっては大きいところもありますが)、組織化や外注化などを進めてメーカーを積み上げていけば、これまた海外メーカー同様に稼ぐことも可能だと思います。

 

 

それに加えて、海外メーカー仕入れに比べて国内メーカー仕入れの方が、ロットが少なく小資金から始められるので、資金があまりない方は国内メーカー仕入れから始めるのが良いかもしれません。

 

海外メーカー仕入れに比べて、仕入れから販売までのリードタイムも圧倒的に早いので、資金を素早く回転させることも可能ですし、小資金から資金の増加を狙っていくという意味では国内メーカー仕入れはかなりオススメのビジネスモデルですね。

 

 

一方で、資金に問題はない、という方であれば海外メーカー仕入れはオススメしたいですね。

 

やはり個人で進めていったとして、稼げる額は海外メーカー仕入れの方が大きくなると思います。

 

 

それに独占販売権を獲得して、日本市場の総代理店として取り組めたら、なんかカッコイイですよね。総代理ビジネスは昔からの伝統あるビジネスモデルなので、まさに商社として、ビジネスを進めていくという感じでやりがいもある気もします。(ここに関しては個人の感覚にもよるとは思いますが)

 

 

カンタンにまとめると、

 

国内と海外メーカー仕入れの比較

 

・稼げる天井値

⇒海外メーカー仕入れの方が国内メーカー仕入れよりも高くて、拡大はさせやすい

 

・ロットや初期資金

⇒国内メーカー仕入れの方が海外メーカー仕入れに比べて少なく、取り組みやすい

 

・仕入れから販売までのリードタイム

⇒国内メーカー仕入れの方が海外メーカー仕入れに比べて、短く資金を回転させやすい

 

 

という感じですね。

 

 

あとは自分の資金状況やスキル、最終的には好みで選んでいっても良いのではと思います。

 

 

まとめ

 

ということで、海外メーカー仕入れの概要について解説をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 

私自身がそうだったのですが、転売を始めたばかりの頃はメーカーから仕入れるというのは想像もつかなかったですし、それを実践している方達は本当に雲の上の存在だと思っていました。

 

が、実際に挑戦をしてみると、勉強やスキルはそれ相応に必要にはなってくるものの、そこまで難しいものではないと思いますし、何よりも稼げる額が転売に比べて大きくなり、取引が決まれば基本的にはリピートするだけでいいので自分の時間も作りやすくなるというメリットがあります

 

 

自由なお金や時間を作ることが出来れば、また新しいビジネスにチャレンジしていってもいいですし、自分の趣味や好きなことも出来るようになりますので、転売をある程度していてもっと上を目指したい、もっと稼ぎたいという方は是非チャレンジをして頂きたいビジネスモデルです!

 

 

何かご不明点や消化しきれない点などございましたら、お気軽にご連絡を頂けたらと思いますので、その際はLINE@かお問い合わせフォームよりご連絡ください!

 

 

 

あと、最近海外メーカー仕入れのコンサルティング要望が増えてきている印象です!

 

 

海外メーカー仕入れや国内メーカー仕入れ、欧米輸入、中国輸入(OEM)ビジネスなどのコンサルティングは私の方でも実施しておりますので、もし気になる方はお気軽にご連絡を頂けたらと思います!

 

 

Amazonだけでなく、楽天市場やヤフーショッピングなどの販路展開もお教えできるかと思います!

 

 

 

海外メーカー仕入れや国内メーカー仕入れのコンサルティングを受けるべきかどうかについては、以下の記事で説明してますのでご参考ください!

 

 

 

 

 

それと、私がサラリーマンの副業でも月商1,000万円を稼げたヒミツや、

 

初心者からでも月収100万円以上を稼ぐ方法などについては、

 

以下の無料オンライン講にて紹介してますので、ぜひお気軽に参加してみてください!

 

 

 

 

 

ということで最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 副業月収300万を稼いだゴウのブログ , 2018 All Rights Reserved.