ご質問やご相談、コンサルティングのお問い合わせなどはメールかLINEでお気軽にお願いします!

サラリーマンがAmazon物販で脱サラ

大好評!!物販ビジネスの教材を期間限定で無料プレゼント中!!

海外メーカー仕入れ(交渉・直接取引)に必要なMOQや資金は?

ゴウ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

 

海外メーカー仕入れ(交渉・直接取引)を始めていくときに、気になってくるのがMOQ(最低発注数量)かもしれません。

 

 

今回の記事では、

 

海外メーカー仕入れでMOQはどのくらい必要なのか?

海外メーカー仕入れで資金はどのくらい必要なのか?

海外メーカー仕入れでMOQが多い場合にはどうしたら良いか?

 

などについて解説をしていきたいと思います。

 

 

 

↓動画でも解説をしています!詳しくはこちらをご覧ください!

 

MOQとは?

 

そもそもMOQとはどのようなものかと言うと、

 

1回の取引で必要な発注数量だと思って頂ければと思います。

 

 

Minimum Order Quantity(最低発注数量)の略になります。

 

 

なので、たとえばMOQが500個となれば、その商品を発注するのに、最低でも500個からオーダーをしなければならない、ということになります。

 

海外のメーカー側からMOQという言葉で、最低発注数を提示されたりすることは頻繁にあります。

 

 

海外メーカー仕入れに必要なMOQはどのくらいか?

 

では、海外メーカー仕入れをする際に、どのくらいのMOQを要求されるのでしょうか?

 

これに関しては、本当にメーカーによるのですが、数個単位からでOKなところもあれば、1000個以上でないと発注は受け付けないというメーカーもあります。

 

 

 

また、発注数量ではなく、発注金額で最低発注数量を決めているメーカーもあったりします。

 

1回の取引で1万ドル以上、とかですね。

 

 

なので、必要なMOQに関しては、実際に交渉を持ちかけてみないと分からないところではあるので、メーカー側に直接聞いてみると良いと思います。

 

イメージとしては、本当にメーカーによってバラバラということをまずは認識頂ければと思います。

 

 

MOQが多い場合にはどうする?

 

海外メーカーとの交渉を進めていくと、MOQが多い場合にも結構出くわします。

 

初回のMOQで1000個以上とか

 

初回の最低発注金額で1万ドル以上、とか普通にあります。

 

 

 

それで、市場の需要のボリューム的にも、あとは自分の資金状況的にも問題なければ、そのまま発注しても全然問題ないのですが(私も過去にこのような形で仕入れた経験があります)

 

とはいえ、初回発注に関しては、本当に商品が売れるのか、とか、資金を抑えめにいきたいと思われる方も多いかと思います。

 

 

そんな時は、海外メーカーとの交渉術を使えば、普通にMOQは下げられます

 

 

私も過去に何度も経験がありますが、MOQが1000個のメーカーであったとしても、数十個単位から仕入れられるメーカーは結構多いです

 

その後のリピート発注でもずっと数十個単位で仕入れ続けることもできます。

 

 

海外メーカー仕入れでは、この交渉術一つで、MOQや仕入れ条件(仕入れ金額など)がかなり変わってきたりもしますので、ここに関してはある程度の勉強と実践が必要になってくるかと思います。

 

この交渉術に関しては、個別でお伝えしたいと思いますので、もし気になる方はご連絡を頂けたらと思います!

 

 

海外メーカー仕入れに必要な資金はどのくらいか?

 

仕入れのMOQに関して、説明してきましたが、

 

では、金額に換算すると、海外メーカー仕入れではどのくらいの資金が必要になってくるのでしょうか?

 

 

こちらも、MOQと同様でメーカーによってかなりのバラツキがあるので、一概には言えないのですが、

 

中には数万円から取引ができるメーカーもありますし、数百万円のオーダーでないと取引ができないメーカーもあります

 

 

これに関しても、たとえ数百万円のオーダーだったとしても、数十万円の発注量に下げたりする交渉術もありますので、気になる方はお問い合わせ頂けたらと思います!

 

ただ、海外メーカー仕入れを始めるにあたって、色んなメーカーと取引を進めていくのであれば、資金的には最低でも数十万円は持っておいた方が良いかと思います。

 

 

100万円ほどあれば、ある程度の数のメーカーと取引しながら、資金も増やせていけるのでは?と思います。

 

 

資金が足りなければ融資も考える

 

海外メーカー仕入れをしたいのだけれども、資金が足りないという方は融資を検討してみるのもアリだと思います。

 

メーカー仕入れや総代理ビジネスはいわば商社のような仕事ですし、昔からある伝統的なビジネスモデルなので、銀行側からも融資をひきやすい、ということは耳にしたことがあります。

 

自分でオリジナルブランドを開発する中国OEMビジネスよりも融資はひきやすいのだとか。(これに関しては、一概には言えないかと思うので、ご参考程度にされてください)

 

 

融資をひくことができれば、その後の事業拡大スピードも圧倒的に早くなりますので、

 

ビジネスをもっと大きくしていきたい、海外メーカー仕入れに挑戦していきたいという方は融資を検討していくのも良いかと思います。

 

 

資金を抑えたい人は国内メーカー仕入れへ挑戦してみる

 

海外メーカー仕入れは資金もある程度必要だし、最初はそこまで資金を使いたくない、という方は、同じメーカー仕入れでも国内メーカー仕入れを検討してみても良いかと思います。

 

国内のメーカー仕入れであれば、ロット数も数個単位からいけるメーカーもあったりして、かなり少ないですし、発注金額も数万円単位から始められたりしますので、資金をそこまで使いたくないという方にはオススメです。

 

ただし、海外メーカー仕入れに比べると、稼げる額も少なくなってきますので、そのあたりも検討されると良いかと思います。

 

 

イメージとしては、

 

 

事業を一人でやるのであれば、国内メーカー仕入れは頑張れば月利200万円ほど

 

海外メーカー仕入れであれば月利300万円以上も狙える(総代理なども絡めて上手くやれば月利1000万以上も狙える)

 

といった感じですね。

 

 

 

まとめ

 

ということで、海外メーカー仕入れのMOQや発注金額について解説をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

これから海外メーカー仕入れを始めたい、という方はご参考にして頂けたらと思います。

 

 

海外メーカー仕入れに関して、何か分からないことや、悩みなどありましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡をください!

 

 

 

あと、最近海外メーカー仕入れのコンサルティング要望がかなり増えてきている印象です!

 

海外メーカー仕入れや国内メーカー仕入れ、欧米輸入、中国輸入(OEM)ビジネスのコンサルティングは私の方でも実施してますので、もし気になる方はお気軽にご連絡を頂けたらと思います!

 

 

Amazonだけでなく、楽天市場やヤフーショッピングなどの販路展開もお教えできるかと思います!

 

海外や国内メーカー仕入れのコンサルティングを受けるべきかどうかについては、以下の記事で説明してますのでご参考ください!

 

 

 

 

海外メーカー仕入れのリサーチ方法についてはこちらをご参考ください!

 

 

 

 

 

ということで、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

ゴウ

この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 副業月収300万を稼いだゴウのブログ , 2019 All Rights Reserved.