ご質問やご相談、コンサルティングのお問い合わせなどはメールかLINEでお気軽にお願いします!

サラリーマンがAmazon物販で脱サラ

大好評!!物販ビジネスの教材を期間限定で無料プレゼント中!!

国内&海外のメーカー取引(仕入れ)でAmazonが販売していた時の対応

ゴウ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

 

国内外のメーカー仕入れを進めていくときに、よくあるのがAmazon本体が販売をしているケースです。

 

今回は、Amazon本体が販売しているときに、その商品に参入すべきかについて解説をしていきたいと思います。

 

 

↓動画でも解説をしています!詳しくはこちらをご覧ください!

 

Amazon本体が販売しているのはどんな状態?

 

 

「Amazon本体が販売」というのはどういう状態かと言うと、たとえば以下の画像のような状態になります。

 

 

 

サードパーティーが出品しているのに(もしくは出品ゼロ)、Amazon本体がカートを取っているというような状況ですね。

 

 

このような状態はメーカー取引を進めていくと結構あるのですが、この時にメーカー仕入れを進めていくべきか、ということになります。

 

 

 

Amazon本体が販売している時は参入すべきか?

 

Amazon本体が販売している時は参入すべきかどうか、ですが、

 

 

私の考えとしては、リスクもあるので在庫は少なめにして、以下のような場合に参入していくと良いと思っています。

 

● サードパーティーがカートを取っていた場合

● メーカーの商品ラインナップの一部で隙間があった場合

 

 

サードパーティーがカートを取っていた場合

 

もしAmazon本体が販売をしていても、サードパーティーがカートを取っていたら参入を考えてみても良いと思います。

 

 

メーカー取引を進めていくと、実はこのような状況は意外とあります。

 

 

ただし、気を付けなければならないのが、このような状況は、

 

Amazon本体が一時的に在庫切れになっている

Amazon本体の価格設定が一時的に変になっている

 

などの場合もありますので、注意が必要です。

 

 

Amazon本体の在庫切れに関しては、出品一覧の画面などで確認が出来ますので、そこで確認をすると良いと思います。

 

Amazon本体の価格設定に関しては、あまり確認出来るものがないのですが、もし気になる場合はKeepaなどのツールでAmazon本体の過去の価格推移などを見ながら、現在の価格が一時的に上がっているようでしたら、注意した方が良いかもしれませんね。

 

Amazonのシステム上で一時的に価格が上がっているだけで、これから価格が下がってカートを取ってくる可能性があります。

 

 

 

上記の2点がクリア―出来ていて、サードパーティーがカートを取っているようでしたら参入を考えてみても良いかと思います。

 

 

ただし、当たり前のことですが、サードパーティーがカートを取っている価格でしっかりと利益が取れるというのが前提条件となります。

 

よくあるのが、サードパーティーが在庫処分で一時的に価格を一気に下げてカートを取っているというパターンなので、これに関しても注意が必要です。

 

 

メーカーの商品ラインナップの一部で隙間があった場合

 

Amazon本体が販売をしていても、メーカーが取り扱いの商品ラインナップの一部のみだった場合は、まだAmazon本体が販売をしていない商品で参入を考えてみても良いと思います。

 

たとえば、メーカー取り扱いの商品がA、B、Cの3種類あったとして、Amazon本体がAの商品しか扱っていなかった場合、BやCの商品を新規出品するなどして、販売してみても良いと思います。

 

 

あとは、Aの商品だったとしても、Aの商品と何か相性の良いものをセット販売して新規出品していくのも良いかもしれませんね!

 

このような感じで、Amazon本体が販売していたとしても、状況や工夫によっては参入できる場合もあるのでご参考にされてみてください。

 

 

在庫を少なめに持っておく

 

とは言え、Amazon本体が販売していたときは、かなりの注意が必要です。

 

今後、カートを取ってくる可能性がありますし、メーカーの他の商品も取り扱ってくる可能性もあります。

 

 

なので、Amazon本体が存在する場合は、大前提として必ず在庫を少なめに持っておくようにしましょう。

 

在庫を持ちすぎると、Amazon本体がカートを取り始めた場合に、価格を赤字価格まで下げて売りさばかなければならない場合が出てきます。

 

そのような状況を避けるためにも、在庫は必ず少なめに持つようにしましょう!

 

 

まとめ

 

メーカー取引(特に国内メーカー取引)を進めていくと、Amazon本体が販売しているケースには結構な確率で遭遇するので、

 

参入に迷われている方は、今回の記事をご参考頂けたらと思います!

 

 

もし何かメーカー取引関連などで分からないことなどありましたら、LINE@お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください!

 

 

 

また、以下の記事では、国内メーカー仕入れビジネスのメリットや始め方、リサーチ方法、交渉の仕方などについてまとめています!

 

● メーカー仕入れビジネスをこれから始めたい!

 

● メーカー仕入れの手法を色々と知りたい!

 

という場合はこちらも是非あわせてご覧ください!

 

 

 

 

それと、物販ビジネスで稼ぐための無料オンライン講座もご用意しているので、ぜひこの機会に参加してみてください!

 

 

私がサラリーマンの副業でも月商1,000万円を稼げたヒミツや、

 

初心者からでも月収100万円以上を稼ぐ方法などについても公開しています!

 

 

ご参加いただいた方には、今だけ期間限定で物販ビジネスの大ボリュームマニュアルを無料でプレゼントさせて頂きます!

(※このメッセージが消えたら特典の配布は終了です)

 

 

 

ということで、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 副業月収300万を稼いだゴウのブログ , 2019 All Rights Reserved.