ご質問やご相談、コンサルティングのお問い合わせなどはメールかLINEでお気軽にお願いします!

サラリーマンがAmazon物販で脱サラ

大好評!!物販ビジネスの教材を期間限定で無料プレゼント中!!

Amazon輸入ビジネスの外注化や自動化にオススメのツール

ゴウ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

 

外注化・自動化を進めるためには、クラウドソーシングなどのサービスを利用する以外にもツールに任せてしまう、という方法があります。

 

今回はAmazon欧米輸入転売の外注化や自動化に役立つツールについて紹介をしていきたいと思います!

 

 

クラウドソーシングって何?という方はこちらの記事をご参考ください!

 

 

 

外注化や自動化に役立つツールはどれ?

 

外注化や自動化といって難しそうなイメージもあるかもしれませんが、自分がやっている工程を細分化して、人や機械に任せられるかを考えてみると意外と色んなことが見つかってくるかと思います!

 

 

クラウドソーシングで外注化できるポイントについては以下の記事でまとめていますので是非ご参考下さい!

 

 

 

今回は、機械(ツール)に絞って、Amazon欧米輸入転売のどこを外注化・自動化出来るのかを紹介していきます。

 

ツールに任せるのは、対人とのコミュニケーションもなく、ただコストをかけるかどうかの判断くらいですので、かなり手軽に始められるかと思いますので、まだ何も導入をされていない方はぜひ参考にしてみてください。

 

私が外注化や自動化にオススメするツールは以下の3つです。

 

外注化や自動化にオススメのツール

・プライスター

・アマスタ

・リサーチツール

 

では、順番に解説していきますね!

 

プライスター

 

ご存知の方も多いかと思いますが、価格改定を自動でしてくれるツールですね。

 

商品が少ないうちは、自分で価格改定をやってもいいかもしれませんが、やはり手間も時間もかかりますので、こういった作業はツールに任せるようにしてしまいましょう!

 

24時間、動き続けてくれますので、その労力を月に数千円でお願いできると考えるとかなり安いですよね。

 

プライスターはコンディション設定やポイント設定など、細かな価格改定をしてくれますので、ライバルに価格戦略で出し抜かれないようにプライスターに任せてしまいましょう!

 

Amazon自体の価格改定機能もありますが、プライスターほど細かく設定できる訳ではないので、私は断然プライスターをオススメしています。(Amazon自身もプライスターを推薦ツールとして、記載しているようですね)

 

 

プライスターについてはこちらの記事で詳しく解説をしています!

 

 

 

 

 

アマスタ

 

購入者へのフォローメールを自分自身でやっていたとしたら、それは早くツールに任せてしまった方が良いですね。

 

フォローメールを送るだけでも、商品数が多くなればなるほど、かなりの時間を割かれてしまいますし、これをやっていてはその分リサーチや販売などの売り上げに直結する作業に時間を割けなくなってしまいますので、この部分はツールに任せるようにしましょう!

 

フォローメールを送れるツールとしては、細かな設定ができるアマスタをオススメしています。

 

もちろん、プライスターでもフォローメールは送れるので、一度試してみてもいいとは思いますが、アマスタの方がより細かく設定できますので、価格改定はプライスター、フォローメールはアマスタ、という感じで私は分けてオススメしています。

 

使って損はないツールかと思いますので、フォローメールのツールを使ったことが無い方はササっと導入してみましょう!

 

 

アマスタに関しては、こちらの記事で詳しく解説をしてますので、ご参考ください!

 

 

リサーチツール

 

 

リサーチもできるだけ外注化できるように、ツールを活用してみましょう!

 

リサーチをツールだけに任せてしまうと、みんながみんな同じ商品ばかりを仕入れてしまって価格競争に陥るだけになってしまうので、リサーチに関しては、ツールで完結というわけにはいかないのですが、ツールを使ってリストを集めて、そのリストをクラウドソーシングしていくと良いかと思います。

 

リサーチツールには色々とありますが、

 

たとえば、

 

カルーン!IDせどり

Nint for Seller

 

などですね。

 

これらのツールを使って、商品のASINなどのリストを収集して、

 

たとえば、そのリストを元に、

 

「アメリカのAmazonで同じ商品を探して、その利益率を教えてください」

 

「eBayやネットショップでもっと安い商品が売っていないか探してください」

 

などとオーダーすることができますので、

 

あとは1リストにつき●●円お支払いします、という感じでタスク化して複数人に依頼をしていけば、商品リストもたまっていくかと思いますので、出来上がったリストを元に仕入れ判断をしていけば良いかと思います。(もちろん、この仕入れ判断のパートも外注化してもOKです)

 

このようにツールとクラウドソーシングを組み合わせることで、周りができていない穴をたくさん突けるようになったり、スピード感や商品量で勝つことも出来るようになったりしてきますので、チャレンジしたことが無い方は参考にしてみてください!(上記はあくまでも参考例なので、自分で考えて他人と視点をずらして何かをやる、ということが大切です)

 

リサーチの方法については、以下の記事で詳しくまとめておりますので、是非こちらの内容からヒントを得て、ツールやクラウドソーシングと組み合わせながら外注化や自動化を進めていって頂けたらと思います!

 

 

 

 

 上記で紹介のカルーン!IDせどりはこちら

 

 

 

まとめ

 

ということで、外注化や自動化にオススメのツールについて説明をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ツールなんて私にはまだまだ早い、と思われる方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、圧倒的な時短や作業効率アップにもつながりますので、一種の投資だと思って、自分の自由な時間を作ることを意識しながら進めていくと良いと思います!

 

 

外注化の考え方や仕組化の仕方をマスターすることによって、自分の時間は増えながらも収入を拡大し続けることが可能になってきますので、ぜひ初心者の方でも常に意識していくことをオススメします!

 

 

今回ご紹介の内容以外にも外注化をする際の注意点などに関しては、以下の記事で説明をしてますので、こちらもあわせてご参考ください!

 

 

 

 

 

それと、私がサラリーマンの副業でも月商1,000万円を稼げたヒミツや、

 

初心者からでも月収100万円以上を稼ぐ方法などについて、

 

以下の無料オンライン講にて紹介してますので、ぜひお気軽に参加してみてください!

 

 

 

 

 

ということで最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 副業月収300万を稼いだゴウのブログ , 2018 All Rights Reserved.