ご質問やご相談、コンサルティングのお問い合わせなどはメールかLINEでお気軽にお願いします!

サラリーマンがAmazon物販で脱サラ

大好評!!物販ビジネスの教材を期間限定で無料プレゼント中!!

Amazon輸入ビジネスにオススメのFBA納品代行業者は?各社料金を比較

ゴウ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

 

輸入ビジネスを進めていると、必要になってくるのが、納品代行業者ですよね。

 

自分一人でビジネスを進めていた場合には、納品作業をやっていくと時間的に厳しいものがありますし、労力もかかります。

 

副業でされている方は特にですし、専業の方でも、納品代行を使っていないという方はぜひ使ってみることをオススメします

 

 

私がAmazon輸入ビジネスを実践して、サラリーマンの副業でも月商で1,000万円を超える実績を出せたのは、この納品代行業者という存在なしには語れません。

 

 

確かに自分でやるよりも誰かに依頼した方がコストはかかりますが、その分自分の時間が生まれますので、利益を生み出すパーセンテージの多い作業に集中してビジネスを進めていくと、収入は飛躍的に上がっていきます。

 

 

今回は、納品代行業者の概要やオススメの納品代行業者について、解説をしていきたいと思います。

 

 

FBA納品代行業者とは?

 

まず、FBA納品代行の概要について説明したいと思いますが、

 

FBA納品代行とは何かというと、その名の通り、FBA納品を代行してくれるサービスなのですが、サービスの流れとしては以下の通りとなります。

 

 

FBA納品代行の流れ

 商品をFBA納品代行業者の住所宛てに手配
(アメリカなどから直送でもOK)

 発送指示

 商品ラベルを貼付の上、AmazonのFBA倉庫へ発送

 納品完了

 

このような流れで、FBA納品を完結させることができます。

 

 

副業などで実践されている方でも、海外から荷物を納品代行業者宛てで直接つけることができますので、家中が荷物で溢れかえることなく、しかも自分の代わりに納品をしてくれますので、すごく便利ですよね。

 

 

私自身、Amazon輸入ビジネスを始めてからすぐに納品代行を利用するようになって、それこそ月に段ボールで何百個(重さでいうと、トン単位)という数の荷物が届くのですが、全部納品代行業者さん側へ発送手配をお願いしています

 

 

家の中に段ボール何百個入れようとしたら、それだけで足の踏み場もなくなりますし(というかそもそも入らないかも?)、納品代行業者さんへ依頼することで本当に助かっているので、まだ利用したことが無い方には非常にオススメしたいです。

 

 

人気のFBA納品代行業者6選

 

では、どのようなFBA納品代行業者がいいのか、についてですが、国内でも人気のある6社に絞って、紹介をしていきたいと思います。

 

福富サポート

サポートBB

輸入.com

ランドクリエイト

黒船物流

Ashmart

 

 

比較項目としては、コストがダイレクトにかかってきやすい「登録費」「月会費」「納品手数料」「商品ラベル貼付料」を中心に比較をしていきたいと思います。

 

 

福富サポート

 

創業50年を超える会社で、実績もかなりあるようです。

 

周りの利用者も結構多いですし、利用者の話を聞く限りでは、納品も丁寧で確実にやってくれるので、評判も良いようですね。

検品などもしっかりとやってくれるようです。

 

価格は業界最安値というほどではないかもしれませんが、そこそこ安いですし、納品代行業者の候補に入れておいて良いと思います!

 

会員登録料:3,000円(初回のみ)

月会費:3,980円

納品手数料:1ケース450円
(全サイズ一律料金、1ケースあたりの商品点数は50点まで、重量25kgまで)

商品ラベル貼付料:1商品につき16円

 

 

※配送料金は随時変わる可能性があるので、詳細は下記公式HPでご確認ください。

 

福富サポートはこちら

 

 

サポートBB

 

こちらは2012年に設立の大阪にある会社になります。

 

周りの利用者も結構いますが、コスト面には定評はありますね。ただ、サービス面で賛否が分かれるような感じもあります。

 

サービスなどが心配という方は他のところでもいいかもしれませんが、コストを求めるのであれば良いかと思います!

 

会員登録料:5,000円(初回のみ)

月会費:1,980円

納品手数料:1ケース280円
(1ケースあたりの商品点数は50点まで)

商品ラベル貼付料:1商品につき15円

 

 

 

※配送料金は随時変わる可能性があるので、詳細は下記公式HPでご確認ください。

 

サポートBBはこちら

 

輸入com

 

アメリカでの転送代行業もされている会社ですので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

 

コスト面では業界最安とまではいかないものの、サービスの評判も良いので検討してみても良いかもしれませんね。

 

私も実際に転送代行業者さんとして利用したことがありますが、確かにサービスは手厚くて良かったです。

 

会員登録料:不明 (特に記載なし)

月会費:2,551円

納品手数料:1ケース360円

商品ラベル貼付料:1商品につき24円

 

 

※配送料金は随時変わる可能性があるので、詳細は下記公式HPでご確認ください。

 

輸入comはこちら

 

ランドクリエイト

 

Amazon輸入やAmazon輸出の納品作業サービスを提供されている会社になります。

 

月額料や配送料金は他と比べると少し高めの印象はあります。

 

会員登録料:不明 (特に記載なし)

月会費:4,980円

納品手数料:1ケース210円

商品ラベル貼付料:不明 (特に記載なし)

 

 

※配送料金は随時変わる可能性があるので、詳細は下記公式HPでご確認ください。

 

ランドクリエイトはこちら

 

黒船物流

 

国内や海外のFBA納品サービスを展開している会社です。

 

設立は2014年なので、比較的新しい会社ですね。

 

会員登録料:不明 (特に記載なし)

月会費:2,980円

納品手数料:1ケース300円

商品ラベル貼付料:1商品につき15円

 

 

※配送料金は随時変わる可能性があるので、詳細は下記公式HPでご確認ください。

 

黒船物流はこちら

 

※現在、新規受付停止中

 

Ashmart

 

こちらも輸入comと同様に転送代行業をしているのでご存知の方も多いかもしれませんね。

 

アメリカで商品を仕入れて、そのまま日本国内のFBA倉庫へ直納してくれるというサービスもあります。

 

会員登録料:(特に記載なし)

月会費:無料会員は無料(ビジネス会員以上は月2,700円~)

納品手数料:1ケース4ドル

商品ラベル貼付料:1商品につき0.5ドル

 

 

※配送料金は随時変わる可能性があるので、詳細は下記公式HPでご確認ください。

 

Ashmartはこちら

 

まとめ

 

ということで、各社を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

個人的には、総合的にみると福富サポートが一番評判も良い気がするので、まず使ってみるのもアリだと思います。

 

コストをとにかく求めたいという方はサポートBBも良いかもしれませんね。

 

 

納品代行業者を利用すれば、あなたのビジネス拡大のスピードも飛躍的に上がっていくと思いますので、ぜひ、あなたにあった業者さんを探してみてください!

 

 

 

それと、私がサラリーマンの副業でも月商1,000万円を稼げたヒミツや、

 

初心者からでも月収100万円以上を稼ぐ方法などについて、

 

以下の無料オンライン講にて紹介してますので、ぜひお気軽に参加してみてください!

 

 

 

 

 

ということで最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 副業月収300万を稼いだゴウのブログ , 2018 All Rights Reserved.