ご質問やご相談、コンサルティングのお問い合わせなどはメールかLINEでお気軽にお願いします!

サラリーマンがAmazon物販で脱サラ

大好評!!物販ビジネスの教材を期間限定で無料プレゼント中!!

ネットビジネスにおすすめのクラウドソーシング先5選

ゴウ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

 

ネットビジネスを進めていくと、一人でできる作業時間や作業量って限られてきますよね。

 

また、自分が持っていないスキルを一から勉強してそれを出来るようにするとなると、かなりの時間が必要になってくるかと思います。

 

そんな時にオススメなのが、「クラウドソーシング」なのですが、

 

今回はクラウドソーシングの概要や、ネットビジネスにオススメのクラウドソーシング先について解説をしていきたいと思います!

 

 

 

↓動画でも解説をしています!詳しくはこちらをご覧ください!

 

クラウドソーシングとは?

 

そもそもクラウドソーシングとは何なのでしょうか?

 

クラウドソーシングサービスとは、「Crowd(不特定多数の群衆)」と、「Sourcing(業務委託)」を合わせた造語です。

 

つまり、「不特定多数の人に業務を募集・依頼するサービス」のことを指します。

 

 

類義語には「アウトソーシング(outsourcing:外注)」がありますが、これとの違いは依頼先を自分で決めて指定するか、不特定の人に対し募集するかという点ですね。

 

 

例を挙げると、

 

アウトソーシング

「Aさん、Photoshop使えますよね?以前のようにネットショップ用のバナーを作って欲しいのですが、5000円でやってくれませんか?」

 

クラウドソーシング

「Photoshopでネットショップ用のバナーを作ってくれる方、誰かいませんか? 5000円出します!」

 

こんなイメージです。

 

クラウドソーシングはどんな人が使うべき?

 

ネットビジネスをされている方はほぼ全員使った方が良いです!

 

あなたがもしネットでビジネスをしているのならば、今すぐにでも使った方が良いですね。

 

自分の時間は限られていますし、自分が人生で得られるスキルも限られていますので、どんどん周りの方の力を借りていった方が、圧倒的に成功するまでのスピードが早くなると思います。

ネットビジネスの成功者達はみんなそのような思考でビジネスをしていますよね。

 

なので、時間は有限ということを意識して、どんどん使えるリソースはフルに活用していくべきだと思います。

 

クラウドソーシングのメリットとデメリット

 

では、クラウドソーシングを実際に活用するにあたって、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

メリットとデメリットには以下のようなものがあります。

 

クラウドソーシングのメリット

人が見つかりやすい

比較的安価で頼める

スピードが早い

 

 

クラウドソーシングのデメリット

頼む相手のスキルがわからない場合がある

頼む相手の人柄がわからない場合がある

連絡がとりづらい場合がある

 

このような感じですね。

 

 

クラウドソーシングというのは、個人でビジネスをする方にとっては、本当に革命的なサービスだと思うのですが、たとえば以下のような発注サイドと受注サイドの悩みをうまくマッチングさせているんですよね。

 

発注サイドの悩み

● 職場が郊外にあってなかなか応募してくれる人がいない

● 夜間に対応できるスタッフがほしいけどなかなか難しい

● Photoshopでかっこよく作ってほしいけどそれ専用の人を雇わなきゃいけないほど頻繁にある仕事でもない

 

受注サイドの悩み

● フリーランスの仕事の合間にちょっとできる仕事をしたい

● 本業で会社員だから表には出れないけどWワークをしたい

● 主婦だけど子供が小さく3時間程度働きたいといってもどこも雇ってくれない

 

といった感じですね。

 

このように受発注双方のニーズを絶妙にマッチングさせるというサービスが最大のメリットかと思いますし、

 

あとは、インターネットで広く募集できる・応募できるので、立地や時間帯に制限がなくなるのもメリットですよね。

 

 

ただ、一方で、クラウドソーシングのメリットはそのままデメリットの種にもなっているのも事実かもしれません。

 

「インターネットで広く」募集しているので、発注サイドは、

 

● 応募してきた方がどの程度のスキルをもっているのか

● ちゃんと期日までに責任をもって仕事を終わらせられるのか

● トラブルなくやりとりできる方なのか

 

などを見極める必要がでてきます。

 

 

そのようなデメリットを解決する策として、「仕事の依頼方法」を工夫することで、回避することもできます。

 

では、次に仕事の依頼方法について解説をしていきたいと思います。

 

仕事の依頼方法

 

「仕事の依頼方法」といってもクラウドソーシングにはどのような種類があるのでしょうか?

 

クラウドソーシングでの依頼方法というと、例えば下記のようなものがあります。

 

クラウドソーシングの依頼方法

● プロジェクト方式

● タスク方式

● コンペ方式

 

といった感じですね。

 

では、順番に解説をしていきたいと思います。

 

プロジェクト方式

 

例:「Photoshopで商品写真をいい感じに調整できる方を募集します。 週に50件程度定期的にできる方」

⇒募集している仕事に、興味がある人が応募をしてきます。

その際に、提示した内容や条件についてお互いにメッセージ等でやりとりをして、お互いに合意の上で依頼をするかどうかを決めていきます。

 

事前に簡単な類似作業をしてもらって、本当に仕事に相当するスキルがあるのかどうかを見極める「お試し」を依頼してから決める方や、

過去の成果物のサンプルを見て判断する方もいますね。

 

タスク方式

 

例:「商品画像の白抜き加工をしてください」

 

⇒「1件100円」のように、とにかくたくさんの数をたくさんの人にこなしてほしいという業務に適しています。

 

件数やスピードを重視する場合は、発注サイドと受注サイドの事前のやりとりを必要とせずそのまま業務を開始してもらうタスク形式が適していますね。

 

コンペ方式

 

例:「会社の新ブランド「●●●」のロゴを作ってください。10代の女性が手にとってくれるようなロゴで、商品のテーマカラーであるオレンジをメインカラーでお願いします」

 

⇒出来上がったものを見て一番良いものを選びたい、という場合はコンペ形式が適しています。

成果物を選べるので、イラストなどのグラフィック系や提案書などの書類系に適していますね。

 

ただし、実際に完成物を作成してもらうことになるので、応募してくる方すべてに記載情報を開示しなければいけないということもありますので、重要な情報が記載されるものについては慎重になったほうがいいかもしれませんね。

 

オススメのクラウドソーシングサービス5選

 

では実際にどのサービスを利用すればいい働き手が集まるのでしょうか?

 

今回は以下の通り、おすすめの5社について、それぞれの特徴をご紹介したいと思います。

 

オススメのクラウドソーシング先

● ランサーズ

● クラウドワークス

● ココナラ

● シュフティ

● ジモティー

 

 

それぞれのサービスの比較としては以下のようになります。

 

サービス名 登録者数・

利用者数

ジャンルの広さ スキルが

必要な業務

手数料・

利用料

その他
ランサーズ 50万人以上

指名できる

5~20%

(受注者)

1日常駐型の依頼が可能
クラウドワークス 200万人以上

指名できる

5~20%

(受注者)

秘密保持

契約提携可

ココナラ 70万人以上 25%+税

(受注者)

最低価格は

500円から

シュフティ 160万人以上

軽作業向き

10%

(受注者)

主婦層の

在宅ワーク向け

ジモティー 月間650万人以上 無料

 

地域密着。

自由度高い

 

では、それぞれのサービスの特徴についてカンタンに説明をしたいと思います。

 

ランサーズ

 

依頼件数210万件、依頼総額2100億円と、大手のクラウドソーシングサービスです。

ウェブサイトがグラフィカルで、仕事を募集している人にも探している人にも利用しやすいです。

 

人気のあるワーカーが特集されていたり、活用事例の紹介や支援プランが充実しているので、単純に「仕事を掲載する」「応募する」というやりとりだけでなくて、サポートしてもらえるサービスにもなっていますね。

 

 

クラウドワークス

 

こちらも大手のクラウドソーシングサービスです。登録者数、閲覧者数も多くて、案件についてすぐに応募者が出てきますね。

 

初心者特集、会社終わりのお仕事にピッタリ、などと、仕事の特性について細かく特集ページがあるので、仕事を探している人が適切な仕事を見つけやすい環境が整っています。

 

また、お互いの評価制度もあるので、スキルや人柄を判断できるのも良い点かと思います。

 

 

ココナラ

 

「みんなの得意を売り買い」がキャッチフレーズのサービスです。

 

イラストやExcelなどの案件ももちろんのこと、「占いができる人」「カウンセリング」などのカテゴリーが多いのも特徴です。

 

以前は500円均一でしたが、スキルランクによって金額の上限を上げたり、仕事の質によってボーナスを別途支給する「おひねり」機能なども増えています。

 

 

 

shufti(シュフティ)

 

名前の由来からも「主婦・主夫」がメインターゲットのクラウドソーシングサービスです。

 

主婦・主夫の方が在宅でスキマの時間を上手に使えるサービスに特価しているので、簡単な事務作業やPCワークなどの軽作業系が多いのが特徴のため、難しかったり長期にかかる案件については他のサービスに比べやや弱い印象はあります。

 

が、受注者の方にかかる手数料が10%と、他に比べ圧倒的に安いため、利用者が多いのも特徴ですね。

 

 

 

ジモティー

 

登録・利用が無料の掲示板スタイルのクラウドソーシングサービスです。

 

かなり幅広く、仕事の発注というものもあれば「●●が余ったけれど引き取ってくれる人はいませんか」「Excelの使い方を教えてくれる人いませんか」というような、地元の人材相手ならではの案件が依頼しやすい・探しやすいサイトです。

 

意外と穴場?かもしれませんね。

 

 

まとめ

 

ということで、クラウドソーシングの概要やおすすめのクラウドソーシング先について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

探している人材や仕事の内容でクラウドソーシング先を使い分けることによって、仕事を任せられる相手が簡単に見つかるかと思いますので、

まだクラウドソーシングを利用したことが無い方は是非使ってみてください!

 

人に任せることによって、自分の自由な時間も生まれますし、ビジネスの拡大スピードも飛躍的に早くなっていくかと思いますので、本当にオススメです

 

 

今回ご紹介の内容以外にも、以下の記事では、輸入ビジネスに特化して、外注化できる具体的なポイントについて解説をしていますので、あわせてご覧を頂けたらと思います!

 

 

 

また、以下の記事では外注化する際の注意点について記載をしておりますので、是非こちらもご覧ください!

 

 

 

 

それと、私がサラリーマンの副業でも月商1,000万円を稼げたヒミツや、

 

初心者からでも月収100万円以上を稼ぐ方法などについて、

 

以下の無料オンライン講にて紹介してますので、ぜひお気軽に参加してみてください!

 

 

 

 

 

ということで最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 副業月収300万を稼いだゴウのブログ , 2018 All Rights Reserved.