ご質問やご相談、コンサルティングのお問い合わせなどはメールかLINEでお気軽にお願いします!

サラリーマンがAmazon物販で脱サラ

大好評!!物販ビジネスの教材を期間限定で無料プレゼント中!!

メーカー仕入れ/中国輸入OEM/情報発信に挑戦!欧米輸入転売のその先へ

ゴウ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

 

 

欧米輸入転売ビジネスである程度稼げて来たら、メーカー取引や中国OEMビジネスへ挑戦してみるのも良いかもしれません。

 

 

今回は、輸入転売ビジネスのその先にどのようなビジネスの展開があるのかについて紹介をしていきたいと思います。

 

 

 

↓動画でも解説をしています!詳しくはこちらをご覧ください!

 

欧米輸入転売でまずは稼ぐ

 

もし、あなたが今欧米輸入転売ビジネスを実践されているのであれば、最低でも月に10~20万円は稼げるようになってから、他のビジネスをやり始めるといいかと思います

 

 

稼げない状態で他のビジネスへ移行しても、そのビジネスでも稼げない場合が多いですし、まずは何か1つのビジネスで収益をしっかりと上げる、という経験がビジネスの成功でも大事になってきます。

 

※なので、最初のビジネスをする際の、ノウハウはかなり重要です。きちんとしたところから学ぶようにした方が良いです。それで失敗してしまったら、成功体験が生まれずに次に進みづらくなりますので。

 

 

ネットビジネスで収益を上げる感覚を掴めれば、他のビジネスでも成功するイメージも付きやすくなるかと思います。

 

 

欧米輸入 × 卸取引へ展開する

 

 

欧米輸入転売で実績が上がったら、小売りから仕入れるのではなく、卸から仕入れていくのも良いかもしれません。

 

 

やり方は非常に簡単で、欧米輸入転売で見つけていった商品などを、eBay経由やネットショップなどを利用して、卸交渉を持ちかけていけばいいのです。

 

 

卸から仕入れられれば、Amazonなどの小売りプラットフォームから仕入れるよりも商品原価が基本的には安くなりますので、その分利益も上がります。

 

 

あとは、仕入れのルートを構築してしまえば、またその業者からリピート発注できるというのもメリットになってくるかと思います。

 

転売ビジネスでつらいのは、継続仕入れが比較的難しいことかと思うので、そのようなデメリットも少し緩和されるかもしれないですね。

 

 

欧米輸入 × メーカー取引(交渉・仕入れ)へ展開する

 

卸取引ではなくて、いきなりメーカー取引へ移行してもOKです。

 

卸よりも最上流であるメーカーと取引を進めていった方が、もちろん商品原価は安くなりますし、利益も出やすくなります

 

 

実際に私も、卸取引はほどほどに、割と早めにメーカー取引へ切り替えました。

 

リサーチの量も交渉の量も両者で大して変わらないので、それであればより稼げるメーカー取引に集中した方がいいのでは?といった理由からです。

 

 

メーカー取引を進めていけば、商品の仕入れも結構安定してきますし、

 

色んな工夫をすれば、ライバルよりの数倍~数十倍の量を販売することも出来ます。

 

すると、一気に利益も売上も積みあがっていきますからね。

 

あとは、後々に総代理ビジネスへ展開できるというのもメーカー取引のメリットかもしれません

 

 

総代理まで持っていければ、その商品を独占的に日本市場で販売することができますので、労力は増えるかもしれませんが、その分収益もかなり上がるかと思います。

 

 

中国OEMビジネスへ移行する

 

欧米輸入以外にも、自分のオリジナルブランドの商品を持ちたい!ということでしたら中国OEMビジネスに取り組んでみるのもアリかと思います。

 

 

欧米輸入をされていて、メーカーの商品を扱うのではなくて、実際に自分がメーカー側になりたい、といって中国OEMビジネスをされる方は意外と多い印象です。

 

 

欧米輸入と中国輸入では、毛色がかなり異なってきますし、求められる販売スキルのレベルもかなり変わってくるので、ある程度の勉強と実践期間は覚悟しておいた方が良いかもしれません

 

 

 

私自身、欧米輸入と中国輸入を両方実践してきて実感するのが、中国OEMビジネスだと、販売手法のレベルが一気に上がります

 

逆に、そのスキルを持っていると、欧米輸入のメーカー仕入れもかなり楽に商品がさばけるようになります。

 

 

なので、私は一回中国OEMビジネスを経験してみても、ある程度のスキルは身に付くと思うので、欧米輸入から中国輸入へ切り替えたとしても全然反対ではないです。

 

気になる方はチャレンジしてみても良いかもしれませんね。

 

 

情報発信ビジネスをする

 

欧米輸入転売ビジネスで稼げてきたら、物販ビジネス以外にも情報発信という方向性があります。

 

 

自分が実際に稼げた経験やそのスキルを、他の方に教えていくというビジネスですね。

 

 

これまた、物販ビジネスとは全く異なるスキルが必要になってくるので、色々と勉強は必要になってきますが、

 

何かを人に教えるのが好き、コミュニケーションが好きという方はやってみても良いかもしれませんね!

 

 

あとは、物販とは異なって在庫を持たずにビジネスをすることも出来ますので、情報発信の収益が入ってくれば、物販のキャッシュフローも良くなっていくかもしれないですね。このあたりもメリットになってくると思います。

 

 

まとめ

 

 

ということで、欧米輸入転売ビジネスのその先の展開の仕方について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 

方向性は色々とあるかと思うので、ご自身に合った方向を選んでいくと良いと思います。

 

 

もし、今後の方向性に何か悩まれていたりしましたら、問い合わせフォームよりお気軽にご連絡を頂けたらと思います!

 

 

一応、欧米輸入転売やメーカー取引、中国輸入、情報発信など

 

色んなビジネスは経験していますので、何かお役に立てたらと思います!

 

 

 

ということで、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

ゴウ

この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 副業月収300万を稼いだゴウのブログ , 2018 All Rights Reserved.