ご質問やご相談、コンサルティングのお問い合わせなどはメールかLINEでお気軽にお願いします!

サラリーマンがAmazon物販で脱サラ

大好評!!物販ビジネスの教材を期間限定で無料プレゼント中!!

並行輸入品とは?偽物もある?正規輸入品との違いは?

ゴウ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

 

日本のアマゾンなどで商品を見ていると

 

「並行輸入品」や「正規輸入品」という言葉に出会ったことはないでしょうか?

 

 

今回の記事では、

 

並行輸入品とは何なのか

 

並行輸入品と正規輸入品の違いは?

 

などの疑問にお答えしていきたいと思います。

 

 

↓動画でも解説をしています!詳しくはこちらをご覧ください!

 

並行輸入品と正規輸入品の違い

 

そもそも並行輸入品とは、海外から商品が輸入されて販売されている商品なのですが、

 

では、よく耳にする正規輸入品(※国内正規品とも言います)とは何が違うのかというと、その流通経路の違いにあります。

 

図で説明すると以下の画像のようになります。

 

青色と赤色の線が、それぞれの販売ルートの違いになってきます。

 

 

通常、たとえばヴィトンの財布などの海外製の商品が製造されてから消費者の手元にわたるまでは、以下の流れになるかと思います。

この流れで売られている商品は「正規輸入品」となります。

 

正規輸入品のルート

メーカー(製造者):Louis Vuitton本社(フランス)

国内正規代理店:Louis Vuitton Japan

小売り:デパートなど

消費者

 

 

一方で、「並行輸入品」はどうかというと、以下の流れになります。

 

並行輸入品のルート

メーカー(製造者)Louis Vuitton本社(フランス)

小売り①:メーカー直営ストアやプラットフォームなどで販売の小売り

小売り②:個人や法人の業者が直営ストアや小売りから購入し、消費者へ販売

消費者

 

このような感じですね。

 

このような流通経路の違いが、「正規輸入品」と「並行輸入品」の違いとなってきます。

 

では、この「並行輸入品」にはどのようなメリットやデメリットが出てくるのでしょうか?

 

並行輸入品のメリット

 

まずは、並行輸入品のメリットについて解説をしていきたいと思いますが、メリットとしては以下の通りになります。

 

並行輸入品のメリット

・価格が安い

・日本未発売のものが買える

 

などですね。

 

それぞれ解説したいと思います。

 

価格が安い

 

並行輸入品は正規輸入品と比べて基本的に価格の安いものが多いです。

 

正規輸入品になると、国内の正規代理店などがブランド力を守るために価格の維持に努めているので価格は値崩れしづらいのですが、

 

並行輸入品に関しては、正規代理店以外の販売者が販売をしているのでブランド力の維持などは関係なしに価格勝負で販売をしていることが多いです。

 

なので、正規輸入品に比べて並行輸入品の方が、価格がかなり安くなっている場合が多々あります。

消費者にとっては価格の安さはありがたいはずなので、こちらは並行輸入品のメリットになるかと思います。

 

日本未発売のものが買える

 

並行輸入品には、国内の正規代理店が取り扱っていない「日本未発売」の商品が結構あります。

 

たとえば、日本のAmazonで「日本未発売品」と調べると並行輸入品がずらっと出てきます。

 

 

こんな感じですね。

 

なぜこのように日本未発売品がたくさん販売されているかというと、

個人(あるいは法人)で、たとえばアメリカのネットショップなどで、限定で販売されている商品を輸入して、日本のAmazonなどで販売している方が結構いるからなのですね。

 

この輸入ビジネスで儲けている人はかなり多いですね。

 

私自身、サラリーマンとして副業で輸入ビジネスに取り組んで月収で250万円を超えていますので、

もし気になる方は是非こちらの記事を合わせてご覧ください!

 

副業や在宅でも月収100万円以上稼げる欧米輸入転売ビジネスについての記事はこちら

 

以上が並行輸入品のメリットかと思います。

 

では、一方でデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

 

並行輸入品のデメリット

 

並行輸入品のデメリットとしては、以下の通りとなります。

 

並行輸入品のデメリット

・保証が受けられないケースが多い

・偽物の可能性がある

・説明書や表示が外国語

 

では、それぞれ解説をしていきたいと思います。

 

保証が受けられないケースが多い

 

並行輸入品の場合、正規代理店を通って販売されていないため、アフターサービスを受けられない場合がほとんどです。

 

たとえば、ヴィトンの並行輸入品の財布を購入したとして、その財布のチャックが壊れたということで国内の正規代理店へ問い合わせても、保証は受けられない場合が多いかと思います。

 

国内の正規代理店は、正規代理店ルートで購入された正規輸入品のみに対してアフターサービスをしますので、並行輸入品を買われた場合は、もちろんその対象外となります。

なので、アフターサービスを受ける際に領収書などを見せるのはその為もあるのですね。

 

どこのお店でどのようなものが買われたのかを確認する必要が出てくるのです。

このように保証やアフターサービスを受けられない、というのは消費者にとってはデメリットになるかと思います。

 

偽物の可能性がある

 

これも大事なポイントですよね。

 

並行輸入品を買ったら国内正規品とは違う偽物が届いた、ということを耳にされたことがある方も多いと思います。

 

実際のところ、並行輸入品は流通の経路が違うだけで商品自体は正規輸入品と同じ場合が多いのですが、中には悪質な業者によって販売されている偽物の商品もまれにあったりします。

もちろん、並行輸入品=偽物、というわけでは決してないのですが、消費者側としては、偽物を販売する業者は中にはいるということを認識されていた方が良いかもしれません。

 

販売者側は、偽物の販売は犯罪になりますので、絶対にやってはダメです。

 

万が一、海外で販売している悪質な業者から誤って偽物を仕入れてしまったとしても、当たり前のことですが販売は決してしないようにしなくてはなりません。

 

説明書や表示が外国語

 

並行輸入品のデメリットとして挙げられることとして、説明書やパッケージなどの表示が英語などの外国語の場合が多いということです。

 

並行輸入品は海外で販売されているものを輸入して販売されているので、もちろん商品の仕様は海外向けのものになりますので、その表記は英語である場合が多いです。

 

ただ、現在は商品の取説などもインターネット上で公開されていたり、使い方などもネットで検索すれば出てきたりしますので、説明書が不要な場合もあったりします。

 

が、どうしても調べても出てこない、といった場合も出てきますので、このあたりも一応注意しておくと良いかもしれませんね。

 

まとめ

 

ということで、並行輸入品の概要や、正規輸入品との違いについて説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

それぞれメリット・デメリットがありますので、購入する際は一応念頭におきながら検討してみましょう!

 

デメリットを色々と書きましたが、並行輸入品といっても、価格がかなりお買い得で正規輸入品と同等の仕様の商品も多いので、吟味して購入してみると良いと思います!

 

 

また、こういった並行輸入品を実際に販売側として取り扱って、サラリーマンなどの副業や完全在宅で月に100万円以上稼ぐことも出来ますので、興味のある方は是非チャレンジしてみてください!

 

欧米輸入転売ビジネスについての記事はこちら

 

 

それと、私がサラリーマンの副業でも月商1,000万円を稼げたヒミツや、

 

初心者からでも月収100万円以上を稼ぐ方法などについて、

 

こちらの無料オンライン講にて紹介してますので、ぜひお気軽に参加してみてください!

 

 

 

 

 

ということで最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 副業月収300万を稼いだゴウのブログ , 2018 All Rights Reserved.