ご質問やご相談、コンサルティングのお問い合わせなどはメールかLINEでお気軽にお願いします!

サラリーマンがAmazon物販で脱サラ

大好評!!物販ビジネスの教材を期間限定で無料プレゼント中!!

Amazon国内メーカー仕入れ(取引)での交渉メール文章や件名の書き方

ゴウ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

 

 

Amazon国内メーカー仕入れを実践する時に大事なのが、交渉メールの書き方や内容です。

 

今回の記事では、どのようなことを意識しながらメール文を書けばいいのかについて解説をしていきたいと思います!

 

 

↓動画でも解説をしています!詳しくはこちらをご覧ください!

 

国内メーカーは交渉メールに飽き飽きしている

 

最近では、国内メーカー仕入れのビジネスを実践する方も増えてきたので、

 

国内メーカー側に届く交渉メールの数も相当増えているようです。

 

 

 

メーカー側からしたら、同じような交渉メールが色んな人から届いてくるので大変かと思うのですが、

 

メーカー仕入れの実践者はとにかく交渉を成立させたいので、色んなメーカーにどんどんメールを送るのです。

 

 

 

なので、メーカー側は、同じような交渉メールが届いたら無視するか、断りのテンプレを送るだけですので、

 

ひと昔前とは違って工夫をしていかないと交渉すら始まらない状況に変わりつつあります。

 

 

 

交渉メールにウソは書かない方が良い

 

交渉メールに、「卸をしたいから」とか、「ネット販売はしないから」とか書いている方もいると思うのですが、

 

最近のメーカーの対応としては、このような持ち掛け方では無視するか断られる可能性が高くなってきています。

 

 

もちろん、これで交渉が成立するメーカーもいると思います。

 

 

 

ただ、Amazonなどのネット販路で販売する予定の場合は、それに対してウソの内容をメーカー側に伝えても長い目でみたらあんまりよくないんですよね。

 

 

メーカー仕入れは信用ビジネスですので、お互いの信用が無ければ取引も出来ませんし、取引が出来ていたとしても、いずれは取引中止になる可能性も出てきます。

 

 

そのリスクを背負ってでもやってみるというのも人それぞれかと思いますが、逆に堂々とAmazon販売と言ってメーカーの悩み事などを聞いていくと、メーカーとの信頼関係を築けて半独占的に販売も出来たりしますので、その方がリターンも大きくなるかと思います。

 

 

国内メーカーの悩みを解決出来るようにする

 

 

国内メーカーは色んな悩みを抱えています。

 

 

たとえば、

 

Amazonでの値崩れをどうにかしたい

知らない人が自分の商品を販売している

 

などです。

 

 

なので、これらの悩みを解決できるような提案も含めてメールで送ってみると、他の人とは違った反応が来るかもしれません。

 

 

実際に、これらの悩みを解決して取引出来た方がお互いにとってもWIN-WINですからね。

 

 

国内メーカーへ送るメール文章はオリジナリティを持たせる

 

国内メーカー仕入れを実践する人はどんどん増えてきている印象です。

 

なので、メーカー側の第一接点となるメールでは、他の方とは異なったメール文で送っていった方が良いです。

 

 

前述の通り、みんなと同じような文面だと大抵の場合は断りのテンプレで返されるか、無視されて終わりですからね。

 

少し前だとみんなと同じような文面でも通用しましたが、今は変わってきています。

 

 

メール文を作成する時は、周りとは違った角度や書き方でオリジナリティを持たせる工夫をした方が良いです。

 

 

ネットで出回っているような文面は、色んな人が使っている可能性が高いので、やめた方が賢明です。

 

いくら数を打っていっても、成約率が低かったら無駄打ちになりますからね。

 

 

件名を工夫する

 

メールの文面とともに、件名を工夫するのも良いと思います。

 

 

ここで書いてしまうと、みんな同じようなものになってしまうかもしれないので割愛しますが、

 

一目で見て、アイキャッチとなる言葉などを入れるとメールの開封率や返信率も高くなるかもしれません。

 

 

国内メーカーへのメールは独自ドメインを使った方がベター

 

メール内容からは少し話がそれますが、メールを送る時には出来るだけ独自ドメインのアドレスを使用した方が良いです。

 

独自ドメインがなくても交渉は出来ますが、あった方が成約率も高くなりますので、用意しておいた方が良いかと思います。

 

 

独自ドメインの必要性については、以下の記事でまとめてますのでご参考頂けたらと思います!

 

 

 

自社HPも用意しておいた方が良い

 

メールを送るとなった時に、自社HPも用意しておいた方がベターです。

 

 

今では、WIXなどを利用して無料で作れますので作っておいて損はないかと思います。

 

実際にメーカー側からHPはないか?と聞かれることもありますので、その時にHPを持っていないと相手にされない場合があります。

 

 

国内メーカー取引時の自社HPについては以下の記事で説明していますので、ご参考頂けたらと思います!

 

 

 

 

国内メーカーから返信が来たら連絡のスピードを意識する

 

もしメーカーから返事が来たら、そこからのスピード感も意識していきましょう!

 

メール返信のスピードで、メーカーの自分に対する印象も変わってきます。

 

 

メール返信のスピードやその重要性については、以下の記事で紹介していますので、ご参考ください!

 

 

 

メールよりも電話、電話よりも対面

 

今回の記事では、メールに焦点を絞って説明をしましたが、

 

国内メーカー仕入れ交渉において、成約率が上がるのは、メールよりも電話、電話よりも対面です。

 

 

メールは文面だけのやり取りですし、電話の方が文字に声が加わりますので、その分メーカー側との距離感も近づきます。

 

さらに、電話よりも直接会った方が、もっと距離が近づきますので、参考にして頂けたら幸いです。

 

 

まとめ

 

Amazon国内メーカー取引において、交渉時のメール文は大事です。

 

 

ひと昔前とは違って、ただただ同じような文面を送るだけでは、交渉成立も難しくなってきてはいますので、参入者が増えている中で、どのように交渉を勝ち取っていけば良いのかを検討されることをオススメします。

 

 

国内メーカーは取引成立となれば、ロットも少なく回転も速いので、初心者の方でも売り上げを拡大させやすいビジネスかと思いますので、ぜひチャレンジしてみてください!

 

 

 

また、以下の記事では、メーカー仕入れビジネスのメリットや始め方、リサーチ方法、交渉の仕方などについてまとめています!

 

● メーカー仕入れビジネスをこれから始めたい!

 

● メーカー仕入れの手法を色々と知りたい!

 

という場合はこちらも是非あわせてご覧ください!

 

 

 

 

それと、物販ビジネスで稼ぐための無料オンライン講座もご用意しているので、ぜひこの機会に参加してみてください!

 

 

私がサラリーマンの副業でも月商1,000万円を稼げたヒミツや、

 

初心者からでも月収100万円以上を稼ぐ方法などについても公開しています!

 

 

ご参加いただいた方には、今だけ期間限定で物販ビジネスの大ボリュームマニュアルを無料でプレゼントさせて頂きます!

(※このメッセージが消えたら特典の配布は終了です)

 

 

 

ということで、最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 副業月収300万を稼いだゴウのブログ , 2019 All Rights Reserved.