ご質問やご相談、コンサルティングのお問い合わせなどはメールかLINEでお気軽にお願いします!

サラリーマンがAmazon物販で脱サラ

大好評!!物販ビジネスの教材を期間限定で無料プレゼント中!!

中国個人輸入OEMで必要なロット数や費用はどのくらい?資金や予算は?

ゴウ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

 

中国OEMビジネスを始めるときに気になるのがロット数や費用面かと思います。

 

今回はロット数や費用について紹介していきたいと思います。

 

 

↓動画でも解説をしています!詳しくはこちらをご覧ください!

 

中国輸入OEMビジネスでロットはどのくらい必要?

 

そもそもロットとは何かというと、

 

製造できる最小単位の意味で、一回の製造で作れる最小量だと思って頂ければと思います。

 

 

なので、たとえばロットが500個となれば、その商品をOEM製造するのに最低でも500個から発注をかけなければならない、ということになります。

 

 

 

では、そのロットですが

 

中国OEMビジネスとなると、ロットが大きいイメージがあるかと思いますが実際にどのくらいの個数から発注ができるのでしょうか?

 

 

これに関しては、商品にもよりますし同じ商品でも工場によって求められるロットがかなり変わってきたりもするのですが、

 

私が経験している限りでは、一番少なくて100個程度からのロットで、多い時には1000個を超える場合もあります

 

 

数十個レベルのロットもあるかもしれませんが、商品の単価がすごく高かったりすると思います。

 

私も100個からのロットでOKだった商品は、単価は結構お高めでした。

 

 

中国輸入OEMビジネスで費用はどのくらい必要?

 

では、OEMビジネスを始めるのに費用はどのくらい必要かというと、

 

これまた参入する商品カテゴリーや商品によってもかなり変わってくるのですが、

 

数十万円では少し難しいかなというのが、正直な印象です。

 

 

初回は在庫切れを防ぐために多めに発注しておかなければならないので、ロットが少なかったりしても、最低でも100万円くらいは仕入れ資金として持っておいた方がいいと思います。

 

200万円あれば、色んな商品に挑戦できるかも、といった感じですね。

 

 

もちろん数十万円でも参入できるカテゴリーは結構あるのですが、その分稼げる天井値も低くなってしまいます。

 

 

初回分はどのくらい発注したらいい?

 

中国OEMビジネスで初めて発注をする時に尻込みをしてしまうのが、発注個数の多さです。

 

 

私も初回の発注だけで、1000個以上の個数で数百万円分の仕入れをしたりしますが、初めのうちは少し怖かったです。

 

 

 

一応、メーカー仕入れのビジネスなどで稼ぎはありましたが、もし不良在庫になったとしたら、それにかかる費用も発生してくるだろうし、という感じで思っていたのですが

 

実際にやってみると普通に売れてくれて感覚が掴めたので何も問題はありませんでした。

 

 

もちろん、かなりの勉強とシミュレーションをしたので、しっかりと検証ができたという実感はあります。

 

お陰で今は仕入れに対する恐怖みたいなものは全くないですね。バンバン仕入れていっています。

 

 

 

で、発注数量ですが、目安としては販売予測数の大体1~2か月分の在庫を発注した方が良いと思います。

 

 

 

たとえば、月に500個売れる商品であれば、1000個は発注した方が良いです。

 

なぜかというと、数週間分の在庫しか持っていなかった場合だと、Amazonなどで商品が売れて追加発注をしている間に在庫切れになってしまうからです。

 

 

在庫切れを起こしてしまうと、せっかく売れ始めたのに、AmazonでのSEOも下がってしまうので、またゼロから商品ページを作り直した方が良かったりもするからです。

 

このようなことを避けるためにも初回発注は1~2ヶ月分はかけておいた方が良いですね。

 

 

融資をひいて資金調達も考える

 

稼ぎたい!けど資金が足りない!という方は、銀行から融資をひくというのもアリかと思います。

 

実際に中国OEMビジネスをされている方で融資をひかれている方はかなり多いです。

 

これは稼げる!という確信を得たらどんどん拡大していけますからね!

 

 

自分にはない資金の力を借りて、事業を拡大させることができますので、レバレッジがかなり効きます。

 

実績を拡大できたら更なる融資をひくことも出来ますので、更に事業を拡大することも出来ますので

 

ビジネスに自信を持てたら融資にもチャレンジしてみても良いと思います。

 

 

まとめ

 

中国OEMビジネスに必要なロット数や費用について説明しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

私もそうだったのですが、少し多いと思われた方も、実際にビジネスをやっていけばかなり慣れてくるので大丈夫だと思うのですが、初めのうちはどうしてもマインドブロックがかかってしまうかと思います。

 

 

どうしても大量仕入れが怖い!という方は、初めのうちは、いくつかテスト的に仕入れて、成功体験を積んでいくのも良いかもしれませんね。

 

 

ただ、大きな市場を選んでいけば、間違いなく売れます。売れなかったら最悪赤字を覚悟で売りさばいていけば、資金がゼロになることはありません。

 

むしろ、しっかりとした知識があれば、ライバルに勝ちながらも売れますので!

 

 

 

これから中国OEMビジネスを始めたい!もしくは、始めたばかり、という方はご参考にして頂けたらと思います。

 

もし中国OEMビジネスで悩みやご質問などありましたら、LINE@かお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください!

 

 

 

それと、私がサラリーマンの副業でも月商1,000万円を稼げたヒミツや、

 

初心者からでも月収100万円以上を稼ぐ方法などについて、

 

以下の無料オンライン講にて紹介してますので、ぜひお気軽に参加してみてください!

 

 

 

 

 

ということで最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 副業月収300万を稼いだゴウのブログ , 2018 All Rights Reserved.