ご質問やご相談、コンサルティングのお問い合わせなどはメールかLINEでお気軽にお願いします!

サラリーマンがAmazon物販で脱サラ

大好評!!物販ビジネスの教材を期間限定で無料プレゼント中!!

他責よりも自責!被害者意識を捨てて全ては自己責任と考える

ゴウ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

 

ネットビジネスをしていると色んな失敗や壁にぶち当たることも多いかと思います。

 

今回はそんな時に必要な考え方について解説をしていきたいと思います。

 

 

 

↓動画でも解説をしています!詳しくはこちらをご覧ください!

 

ビジネスで失敗はつきもの

 

ビジネスを進めていくと、必ず失敗は訪れます。

 

それは事業を拡大させれば拡大するほど、失敗は次々にやってきますが、失敗は成長には必要なものです。

 

 

今、成功している人も、過去には失敗を積み重ねて、成功しているはずです。

 

大事なのは、失敗を失敗と思わないことです。

 

 

有名な話ですが、エジソンも以下のような言葉を残しています。

 

 

 

私は失敗したことがない。

 

ただ、1万通りの、

 

うまく行かない方法を

 

見つけただけだ。

 

 

 

 

失敗という事象に対して、自分の意識を変えるだけで、成功への道がぐっと広がっていくかと思います。

 

 

 

被害者意識を捨てて、全ては自己責任と考える

 

失敗をした時や、何か壁にぶち当たった時に必要な考え方が、被害者意識を捨てるということです。

 

 

あなたは何か失敗した時に、自分のせいにしていますでしょうか?それとも他人のせいにしていますでしょうか?

 

もし、他人ばかりのせいにしていた場合は要注意です。

 

 

 

何でも他人のせいにしていると、自分への問題意識が薄れて、成長機会を失ったり、成長スピードや問題解決のスピードが遅くなったりしてしまいます。

 

 

なので、何か問題が起こったり壁にぶち当たった時には、自己責任で考えていくと、自分が成長するチャンスも増えますし、成長スピードも速くなったりします。

 

 

具体的にどんな考え方をしていったら良いのか?

 

 

失敗とは少し話がそれるかもしれませんが、

 

たとえば、会社でもらえる給料が少ない、という不満を持っていたとして、

 

それを、給料を渋る会社のせいだ、とか、悪評価を付ける上司のせいだ、とか考えていては、自分自身はいつまで経っても成長しませんよね。

 

 

 

給料が少ない、と感じるのであれば、自分のスキルをもっと上げて、転職でも起業でもすればいいのです。

 

自分自身で解決できるはずなのに、給料に対して文句を言っているサラリーマンは結構多いと思います。

 

 

 

もちろん、奥さんが反対するから転職や起業は難しい、という方もいるかもしれませんが、そうであれば副業をすればいいのです。

 

 

副業をしていって実績を上げていけば、いつか奥さんも認めてくれるはずです。

 

これが、自己責任の考え方、いわゆる自責の念、というものです。

 

 

 

 

失敗という例で言うと、たとえば、ネットでAmazon輸入ビジネスを進めていったとして、国内の納品代行業者での発送が遅れてAmazonで在庫切れになったとすると、あなたはそれを納品代行業者のせいにしますでしょうか?

 

 

ここで納品代行業者を責めてしまっては、何の解決にもなりませんよね。

 

確かに、何か注意をすることで、代行業者側の意識を少しは変えることも出来るかもしれませんが、納品遅れは、周りの発注量が増えたり、交通機関の乱れがあったりと色んな環境が左右するので、代行業者を責めても根本的な解決にはならないですよね。

 

 

なので、ここは自己責任という考え方でマインドを切り替えてみると

 

もう少し早めの発注を意識しようか?

他の納品代行業者を検討してみようか?

そもそも納品代行業者経由で納品するのではなくて、自社出荷にすれば良いのでは?

そもそもAmazonではなくて、自社ショップの運営に切り替えれば良いのでは?

 

なとど、色んな解決策のアイデアが浮かんできますよね。

 

 

このように、全ては自己責任というマインドで物事を考えていくようにすると、新たな道も開けていくかと思います。

 

他人も責めても時間と労力を消費するだけで、前に進まないことがほとんどですからね。

 

 

 

たまには他責で考えても良い

 

全ては自己責任という話をしてきましたが、とは言え、何でも自己責任で考えてしまうと、ストレスに感じることも出てくるかと思います。

 

なので、たまには、全ては自己責任という考え方を解除しても私は良いと思っています。

 

 

 

ストレスを溜めることは、自分の体にもメンタルにも良くないので、全ては自己責任という考え方があまりにも苦痛になるようでしたら、考え方の切り替えも時には大事です。

 

 

ただし、自己責任をやめて他責にするといって、問題の解決に繋がらない他責はNGです。

 

明らかに自分が悪いのに、他責にしても、問題の解決にはならないですよね。

 

 

 

そんなことをしていては、周りが自分から遠ざかっていってしまいます。

 

なので、そういったバランスを上手く取っていくことも大事かと思います。

 

 

まとめ

 

ビジネスを進めていくと、失敗や悩みはつきものですので、もしそれらにぶち当たった場合は、自責の念で一度考えてみると良いかと思います。

 

自責の念を繰り返すことで、問題解決の光が見えてきますし、自分の成長スピードもかなり上がっていくはずです!

 

 

自責をやり過ぎてストレスにならない程度に、参考にしてみていただけたらと思います!

 

 

 

 

ということで、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

ゴウ

この記事を書いている人 - WRITER -
ゴウ
ゴウ
早稲田大学卒業後、某大手メーカーのマーケティング職として約6年間勤務。その後、2019年1月(28歳時)に会社を辞めて独立。サラリーマン時代には副業でAmazon輸入ビジネスを実践し、副業収入のみで月商1,000万円/月収300万円以上を稼ぐ。現在は、国内外のメーカー直取引や欧米輸入、中国輸入(OEM/ODM)等の事業に取り組む。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 副業月収300万を稼いだゴウのブログ , 2019 All Rights Reserved.